自分の健康は自ら守る
栃木県県知事インタビュー 福田 富一 知事
本格的な高齢社会を迎え、一人ひとりの健康づくりが何よりも重要な課題になってきた。 年を取っても元気に過ごせれば、財政を圧迫している医療費の軽減にもつながる。 そのためにはどんなことが必要なのか。福田富一栃木県知事に県の取り組みなどを聞いた。
医療を守る各種の活動
栃木県医師会長インタビュー 太田 照男 会長
県民にとって医師はいざという時の心強い味方だ。その医師の集まりが栃木県医師会。 栃木県民の健康を守るため県内の医療の問題点を検証し、行政に提案するなど精力的に活動している。 太田照男会長に活動の内容や今後目指そうとしているところを語っていただいた。
地域医療の現状と栃木県医師会の取り組み
栃木県医師会会長 太田 照男 氏
栃木県医師会副会長 尾形 直三郎 氏
栃木県医師会副会長 前原 操 氏
栃木県医師会副会長 五味渕 秀幸 氏
栃木県医師会常任理事 小沼 一郎 氏

栃木県医師会座談会
公的活動の担い手として
宇都宮市医師会 稲野 秀孝 会長
人口規模の割には公的病院が少ないとされる県都宇都宮。 その中で地域住民の健康の砦として医師会が果たす役割は大きい。 宇都宮市医師会の稲野秀孝会長は、医療は市民との信頼関係があってこそ成り立つことを強調する。
広域に市民の健康を守る
上都賀郡市医師会 横瀬 宏允 会長
上都賀郡市医師会は合併後の日光市を含む広大な地域に住む住民の健康を守る。 有数の観光地であり、また寒冷地、山間地でもあるため、さまざまな困難も多い。 横瀬宏允会長は、まず、食生活を見直す必要があることを強調する。
生涯保健活動で地域貢献
下都賀郡市医師会 石井 重利 会長
下都賀郡市医師会が運営する医師会病院は古い歴史を持つ。また、同医師会は保健活動などを通して地域住民の健康を守り続けてきた。 複雑化する医療の現場にあって、石井重利会長はチームを組んで取り組むことの重要性を訴える。
全員参加で医師会支える
小山地区医師会 松岡 淳一 会長
比較的歴史の新しい小山地区医師会。 松岡淳一会長は、医師会の特徴として、全員参加による医療活動を進めていることを挙げる。 市民目線に立ちながら県南地区の医療再生に力を尽くす。
医師会自ら事業手がける
佐野市医師会 林 一宣 会長
佐野市医師会は前身の団体から数えれば100年以上の歴史を持つ。 医師会立の病院など、会自らさまざまな事業を手がけ、地域住民の健康の守り手となってきた。 林一宣会長は「和」の精神が会の運営を支えていると語る。
在宅診療向けグループ化
足利市医師会 青木 公平 会長
足利市医師会は在宅医療を拡充するため各種の試みを始めた。また、県南地域の3次救急の拠点となる新しい足利赤十字病院が完成。 地域の医師会が果たす役割が大きくなる中、青木公平会長は市民とともに歩む会づくりを目指す。
救急体制改善に力入れる
塩谷郡市医師会 山田 聰 会長
この地方の緊急の課題は、救急体制の確立だ。マンパワーが足りない中、工夫を凝らしてさまざまな取り組みを進めている。 山田聰会長は医師同士のチームワークを緊密にしながら、この難局を乗り切ろうとしている。
「開かれた医師会」へ努力
那須郡市医師会 鈴木 潤 会長
県北の2市1町という広い地域を守る那須郡市医師会。 鈴木潤会長は会員の意見を踏まえた開かれた医師会の運営に心を砕く。 また、患者にとっても医師にとっても、病診連携が何よりも重要と力説する。
那須南病院と緊密に連携
南那須医師会 阿久津 和夫 会長
会員が40人足らずの南那須医師会。高齢の会員も少なくないが、地域の中核病院である那須南病院と緊密な連携を保ちながら、地域医療を支えている。 米寿を過ぎてなお現役の阿久津和夫会長は、豊かな経験を活かして会を牽引する。
厳しさ増す医療機関経営
芳賀郡市医師会 栁田 通 会長
急患センターの運営を通して地域の健康を守る芳賀郡市医師会。 栁田通会長は厳しくなりつつある医療機関経営の現状を憂慮する。地域住民の健康づくりには国民皆保険を守り、健全な経営を維持することが不可欠だと言う。
地域医療守る高度な技術
自治医科大学医師会 安田 是和 会長
高い医療技術で栃木県民の健康を支える自治医科大学附属病院。 県民には力強い存在だが、勤務医の過酷な状況など医療体制を守るうえでの課題も多い。 安田是和自治医科大学医師会長は「大学病院を上手に利用する工夫を」と呼びかける。
最良の医療提供を目指す
獨協医科大学医師会 野原 裕 会長
地域の基幹病院として高度な医療を提供する獨協医科大学病院。 医療体制の充実で、かつては助からなかった命が救えるようにもなった。 獨協医科大学医師会の野原裕会長は「日本をリードする最良の医療を目指す」と志を掲げる。
社会に応える薬の専門家
栃木県薬剤師会長 長野 順一 会長
高齢化社会の進行によって薬剤師の役割も変わりつつある。 高齢者宅などを訪問して、薬に対する不安や疑問に応える訪問サービスもその一つ。長野順一会長は 薬のプロとして社会の要請に対応するために、コミュニケーションの重要性を説く。

このページの先頭へ

In religion and politics, people's beliefs and convictions are in almost every case gotten at second hand, and without examination - Mark Twain, Writer